圧造機械・金型事業

HOME > ソリューション > 圧造機械・金型事業

お客様の価値ある製品づくりに貢献したい。

旭サナックでは、ネットシェイプをさらに高いレベルで実現する「NetShaper」を開発コンセプトに掲げ、自社で金型から圧造機械の開発を行い、お客様のトータルコストの削減を実現する圧造生産システムをご提案します。
※ネットシェイプとは、金属の素材を削ることなく、精密鍛造金型を用いて最終形状に近い仕上がりに成形(圧造)すること

金型開発

長年、圧造技術センター(FTC)で取り組んできた圧造機械用金型に関する豊富な研究開発の実績をベースに、新たな圧造工法の開発はもとより、実際にお客様が圧造製品の生産で使う金型単独の開発、改善要請、さらには試作、供給にもお応えできる体制を整えています。

圧造機械

製品の詳細はこちら

製品の詳細はこちら

圧造製品

圧造機械・金型事業の詳細はこちら

ページの先頭に戻る