ユーザー技術教室

第90回ユーザー技術教室のご案内

ご挨拶

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、誠に有難く心から御礼申し上げます。

さて、ユーザー技術教室(UTS)は、塗料・塗装全般にわたり最新技術および関連諸情報をご提供し、ユーザーの皆様のお仕事に直接、間接にお役に立てて頂くことを目的に1978年に開講いたしました。この間、業界を代表する学識経験者、専門の研究者の方々にご講演戴き、お蔭様でこの度第90回の記念講座を開講いたす運びとなりました。

これも偏に皆様方のお引き立て、ご支援の賜物と深く感謝致しております。当日は、第90回の開講記念といたしまして、講師の先生を交えての懇談の場をご用意させて頂きました。時節柄ご多用のこととは存じますが、是非共ご来場賜りますよう、ご案内旁々お願い申し上げます。

敬具
旭サナック株式会社
代表取締役社長 甘利 昌彦

概要

講演

講演テーマ・講師

建設塗装における最近の話題 〜環境保全と健康安全〜

  @シックハウス対策塗装

  A建築資材の焼付塗装化(アルミ素材)

  B水性・粉体塗装化への移行

  C光触媒塗装についての課題


ものつくり大学 技能工芸学部 建設技能工芸学科

教授 近藤 照夫 先生

近藤 照夫(こんどう てるお)先生のご紹介

 

1972年4月

清水建設鞄社 本社 建築部建築工事作業所 勤務

1998年7月

建築本部 技術部副部長 兼 技術研究所 主席研究員

2001年3月 清水建設椛゙職

2001年4月

ものつくり大学客員教授

清水建設褐囃z本部技術顧問

2002年4月

ものつくり大学 技能工芸学部 建設技能工芸学科 教授

(清水建設褐囃z事業本部 技術顧問)

最近では耐久性と保全性に関する一連のご研究をされており、現在は日本建築学会

など多くの研究員会にご参加されご活躍中。

講演

講演テーマ・講師

環境に優しい塗装技術 〜静電粉体塗装〜

  @ブラシアップされた静電粉体塗装システム

  A安全性について“粉塵爆発(燃焼)について”

  B帯電メカニズムについて

 

茨城大学 工学部 電気電子工学科
教授 竹内 学 先生


竹内 学(たけうち まなぶ)先生のご紹介

 

1966年

東京工業大学理工学部応用物理学科卒業

1971年

同 大学院博士課程応用物理学専攻修了、理学博士

1972年

茨城大学工学部電気工学科講師着任

現 在

同 電気電子工学科教授

静電粉体塗装、電子写真現像剤など粉体の帯電の基礎と応用の研究、および有機半

導体薄膜の物性と応用に関する研究に従事。

現在、日本粉体塗装協同組合アドバイザリーボード、静電気学会理事、日本画像学会

理事を務められご活躍中。

講演

講演テーマ・講師

静電塗装における危険防止について
〜静電気放電に起因する着火・爆発の安全対策〜

講師:
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 産業安全研究所 電気安全研究グループ
博士(工学)崔 光石(ちぇ くぁんそく)先生


講師プロフィール:

2000年

国立ソウル産業大学 安全工学科 修士課程修了(工学修士)

2001年

日本静電気学会、「増田賞」受賞

2003年

茨城大学大学院、理工学研究科博士後期課程修了(工学博士)

2004年

東京理科大学、理工学部電気電子情報工学科、助手
特別独立行政法人 産業安全研究所 物理安全研究グループ、研究員
安全工学会 「論文賞」受賞

2005年

豪州ニューサウスウェールズ大学 安全工学科、研究員

現在は、独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 産業安全研究所 電気安全研究グループ研究員として、「静電気放電による粉塵・液体爆発」及び「静電気災害防止」などに関する専門分野を研究され、ご活躍中。

プログラム

13:30〜13:45 ご挨拶…代表取締役社長 甘利 昌彦
13:45〜15:15 ご講演…ものつくり大学 近藤先生
15:15〜15:30 休憩
15:30〜17:00 ご講演…茨城大学 竹内先生
17:10〜18:10 懇談会…特別企画

開催日程・会場

期日

2005年11月4日(金)

2005年11月11日(金)

2005年11月22日(火)

開催地域

西部地区 中部地区 東部地区
会場 江坂東急イン 名鉄ニューグランドホテル ホテルグランドパレス
予定時間 13:30〜18:10
参加費 (無料) 会場の都合でご入場いただける人数に制限がございます。
満員の節はお断りすることがございますので、お早めにお申し込みください。
受講申込
  • FAXでお申し込み
    • PDFFAXお申込み用紙(西部)
    • PDFFAXお申込み用紙(中部)
    • PDFFAXお申込み用紙(東部)
  • インターネットからお申込み

お問い合わせ

ユーザー技術教室に関しては、営業担当者またはお問い合わせページよりお問い合わせください。

ページの先頭に戻る