• TOP>
  • 塗装技術

塗装技術

塗装とは

塗装とは、塗料を塗ったり、吹き付けたりすることで、その表面に塗料の膜を形成することです。塗装は防錆・保護から私たちを取り巻く生活空間や用具類を美しく、カラフルに飾る美粧などに広く用いられてきました。

最近では、目的別にその機能性が求められ、耐薬品・耐菌・耐水・耐火・耐磨耗などさまざまな分野で重要な役割を果たしています。

塗装方法

塗装方法は大別すると次の2種類の塗装方法に分けられます。1つは人手による塗装と自動機による塗装です。

環境対応型塗料

従来は有機溶剤を含んだ塗料が主流でしたが、最近は環境保全の観点からVOC(揮発性有機化合物)やCO2の排出低減に貢献する塗料が注目されています。

塗装技術センター(CTC)

塗装技術センター「CTC」は業界に先駆けて1979年に設立。塗装技術の実験設備、技術開発機能、技術情報システムを集約し、常にお客様に最適な塗装システムをご提案しています。

ページの先頭に戻る