納入事例

2008年 工場ルポ一覧


工場ルポNo.296
No.296 2008年10月
『金属製品の静電塗装』
株式会社三松 様
被塗物キーワード 金属製品, シートメタル, IC関連装置, 建築部品, コインパーキング装置, 空調機器
使用製品

エア静電自動ガン(EAB200), レシプロケータ, 供給装置(PD40),

制御装置(SUNAC4000

使用塗料

液体塗料

内容紹介 建築部品やIC関連装置などで用いられるシートメタルを手掛ける製造代行ビジネスのリーディングカンパニー。業界初の3DCAD連動の溶接ロボットシステムを開発し、短納期,省人化などのメリットを生み出されています。自動静電塗装に加えて粉体ハンドガンユニットも併用することで多様なニーズに対応している塗装ラインをご紹介します。

工場ルポNo.295
No.295 2008年9月
『プラスチックおよび金属製品の塗装』
株式会社富士 様
被塗物キーワード プラスチック, 金属製品
使用製品 エア静電自動ガン(AGB40), ロボット(AF11), 供給装置(EPS72-2M)
使用塗料 液体塗料
内容紹介 バイク部品と自動車外装品をメインに扱う塗装専業メーカー。薄膜美粧塗装に適した塗装システムを導入したことにより塗膜品質が安定し、塗装不良の大幅低減を実現しました。プラスチック塗装25年の経験と、それと共に培ってきたポリッシング技術を活かした高品質の塗装をご紹介します。

工場ルポNo.294
No.294 2008年7月
『インクジェットプリンター筐体の粉体塗装』
株式会社ミマキプレシジョン 様
被塗物キーワード アルミ,スチール, プラスチック, ステンレス
使用製品

粉体自動ガン(X-2a), レシプロケータ, 粉体ハンドガンユニット(XR3-400FB, XR3-100PF, X-2m)

使用塗料

粉体塗料

内容紹介 アルミ,スチール,プラスチックなど多品種・少ロットの部品加工、板金、塗装を行うメーカー。半導体や光学機器など様々な業種に応用されています。脱VOC塗装ラインを目指し、将来の環境課題への対応を考え導入された粉体塗装システムをご紹介します。


工場ルポNo.293
No.293 2008年5月
『金属部品の塗装』
株式会社ヒバラコーポレーション 様
被塗物キーワード 整流器, UPS, 制御盤, 操作パネル, 操作ディスク, 変電盤
使用製品 エア静電自動ガン(EAB300), レシプロケータ, 制御装置(ACW1200), 供給装置(PD40
使用塗料 液体塗料
内容紹介 整流器や制御盤,変電盤などの金属塗装業を主力に業務を展開されているユーザー。自動静電塗装システムに採用された静電自動ガンにより、色替え時の廃液量が大幅に削減されました。この他に大型の塗装ワークに対応するため手吹き大型ブースと溶剤の使用量削減を狙って二液塗装機も同時に導入された事例をご紹介します。

工場ルポNo.292
No.292 2008年4月
『自動車用部品の塗装』
NAVANAKORN FACTORY DAISIN CO.,LTD 様
被塗物キーワード 自動車用部品
使用製品 エア静電自動ガン(ESA110), レシプロケータ, 供給装置(PD40
使用塗料 液体塗料
内容紹介 1979年6月創業、タイ王国に工場を構え、二輪・四輪用のアルミパーツの成形から塗装までを一貫して行っている自動車部品メーカー。工場はクリーンルーム設計となっています。今回は、高塗着効率と優れた塗膜品質を実現する回転霧化静電自動ガンを採用した静電自動塗装システムをご紹介します。

工場ルポNo.291
No.291 2008年3月
『自動車用部品の塗装』
SANKO GOSEI TECHNOLOGY(THAILAND)LTD. 様
被塗物キーワード 自動車用部品
使用製品 エア静電ハンドガン(HB2010S), 供給装置(PD40
使用塗料 液体塗料
内容紹介 2000年5月創業、タイ王国に工場を構え、導入した塗装ラインは合わせて4ラインになります。自動車用の大物外装部品(オーバーフェンダーやバンパー)や内装部品合わせて20数点を塗装しています。高塗着効率と生産性向上が決め手となり導入された、静電ハンドガンによる塗装ラインをご紹介します。

工場ルポNo.290
No.290 2008年1月
『高所作業車部品の塗装』
シマト工業株式会社 様
被塗物キーワード 建設機器, 高所作業車
使用製品 エア静電自動ガン(EAB200), レシプロケータ, エア静電ハンドガン(HB2020M), エアスプレイハンドガン(MGB14), 制御装置(SUNAC4000
使用塗料 液体塗料
内容紹介 物流機器(介護車両等)・建設機器(高所作業車用部品等)・農機具(田植え機部品等)など、様々な製品を製造する工場に確立された自動塗装システムは、圧倒される程に大規模なのが特長です。今回は、静電自動塗装システムとカチオン電着による高所作業車のパーツ塗装をご紹介します。

PDFファイルはAdobe社が無償で配布するAdobe Readerで表示・印刷できます。Get Adobe Reader

ページの先頭に戻る