旭グループ環境方針

HOME > 会社情報 > 基本理念 > 旭グループ環境方針

旭グループ環境方針 - ISO14001-

環境理念

我社は技術創造企業として、地球環境を考慮した物作りを通して、顧客の環境保全に努める。また全社員の環境保全意識を高め、人と環境に調和した企業活動を行い、Zero−Emission Companyを目指す。

省エネルギー活動の取り組み

当社が使用する全てのエネルギーの約95%が電力です。この電力を効率的に活用をするために2008年3月に電力監視システムを導入しました。このシステムにより全社員がパソコン上で自部門及び会社の各部門が使用する電力使用量を毎日24時間に亘りデータやグラフ等にリアルタイムで把握することが出来るようになりました。これらの情報を基に当社の各工場、各事務所では省エネ対策を実施して電力量の削減に効果を上げています。これらの取り組みにより二酸化炭素の排出量を大幅に削減して環境負荷の低減を常に図っています。

環境への取り組み 省エネ活動

電力監視システム 72ヶ所を24時間監視

原単位管理の徹底

各部署のエネルギー管理責任者が原単位(使用電力量/作業時間)を確認して無駄な電力や異常な使用がないか常時監視して省エネ対策を実施しています。

空調機の電力使用量の削減

  • ・空調機の設定温度の徹底と待機電力の削減
  • ・工場、事務所の屋根に遮熱塗料を塗布して夏場の空調機の電力使用量を削減
  • ・老朽化した空調機器を省エネ型に随時更新して電力使用量を削減

照明機器の電力使用量の削減

  • ・こまめな節電の実施、休憩時間の消灯、各照明機器に手元スイッチを採用して無駄な照明を削減
  • ・工場の水銀灯を高輝度照明機器に、事務所の蛍光灯をLED照明機器に変更して電力量を削減

工作機械の待機電力の削減

  • ・各工作機械に担当者を決めて計画停止時には主電源OFFを徹底して油圧ポンプユニットや油冷却用クーラントポンプの待機電力を削減

コンプレッサーの電力量の削減

  • ・省エネ型のコンプレッサーを導入して電力量を削減
  • ・生産計画に合わせてコンプレッサーを稼動させ無駄な使用を削減
  • ・エアー漏れセンサーでエアー漏れを確認して無駄なエアー使用を撲滅

品質基本方針

ページの先頭に戻る